2016/06/24

ジャパンブルージーンズ

皆さん今日は、進藤です。

どんなに洋服に興味のない方でも必ず一本は持っているパンツ。そして必ず一度は履いたことあるパンツといえば・・・。

そうです。ジーンズです!老若男女、これほど市民権を得たパンツというのも珍しいですよね。

そんなジーンズですが、最近、特に若いお客さんから聞かれるのが、どのジーンズを履けばいいんですか?というお問い合わせ。

もちろん色々とオススメはあるのですが、あまりジーンズに詳しくない方、とりあえず一本は本格的なジーンズが欲しい方にオススメなのがこちらのメーカーのジーンズです。まずはこれを履いてみてください。

JAPAN BLUE JEANS

【STANDARD VINTAGE SELVAGE】

“No. JB0501”

岡山の児島という、それはもうデニムの聖地と言われる場所で生産されているこちらのジーンズ。アメリカはテキサス州の綿を100%使用し、国内の織機で凹凸のある生地に織り上げられ、日本の職人さんの高い縫製技術で縫われたジーンズです。(使ってるミシンは出来る限りアメリカ製のユニオンスペシャルというミシンを使用しているそうです)

お値段驚愕の1万3000円!!(税抜き)

国内でこだわって生産されいるというのにこの値段で出せるっていうのはほんとビックリです。

安いからといって決して手を抜いている訳ではありません。各部の付属類にも自社の刻印がちゃんとなされています。

実はこのリベット部分というのはメーカー的にはお金がかかる部分なんですよね・・。ここに刻印がされていないと個人的にはかなりがっかりしてしまう部分です。実はとっても大事な部分です。

トップボタンもぬかりなし。

ファスナー仕様です。生地は14.8OZとちょっと厚め。

レザー製のパッチ。洗った後はオイルアップしてあげましょう。色もどんどん変わってくるはずです。

もちろんセルビッジ仕様。旧式の織機で織り上げられた証です。

おまけに付属するバンダナ。こういうのが付いてくるとちょっと嬉しいです。

消費税込みでも1万5000円でおつりがきちゃいます。いろんなジーンズを履いてこられた方もちゃんとツボを押さえた仕様だとお分かりいただけると思います。

そんな訳でジーンズにお悩みの方、是非ともご来店ください。お手に取ってご覧いただければさらに良さがわかると思います。

それではまたっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【静岡のアメカジショップ BLISSWEAR CLOTHING】
http://www.bliss-wear.com/
アメカジメンテブログ