2016/02/09

MA-1とは

皆さん今日は、進藤です。

無事に北海道から戻ってきております(笑)

さてさて、この間TVでも見たのですが、最近は女性の間でMA-1がどうやら流行っているみたいで、レディースのお店などに行くと確かにMA-1っぽいナイロンジャンパーが売っていたり、実際にそれっぽいジャンパーを羽織っている女性を町で見かけたりします。

20年以上前ですが、私が一番最初に買ったフライトジャケットもMA-1でした。実は非常に思い入れのあるジャンパーです。

何ですかね・・・。一時期はオッサンジャンパーの代名詞であまり格好良くない的な扱いをされていたような気もするのですが、時代は流れているんですねぇ・・。

で、そもそもMA-1とは何ぞや?というわけでもう一度個人的にもおさらいしておこうと思います。

MA-1とは1953年~1978年までアメリカ空軍(陸軍でも)において採用されていた【フライトジャケット】になります。要するにパイロットが戦闘機に乗る特に着用していたジャケットです。-10度から+10度までの温度域を想定されて設計されています。

およそ25年間もの間採用され続けていたジャケットなので、実は6種類ものバリエーションが存在します。

よく町で見かける裏地がオレンジのMA-1はいわゆる中期型~でして、登場するのは1961年からです。それまでは裏地はグレーです。

ちなみに上の画像は私の私物。裏地がオレンジに変更されたMIL-J-8279Cというモデル。1961年製。(このCモデルというのは実は中々出てこないのでちょっと自慢(笑))実際にアメリカ軍で使用されていた実物です。

ポケットにフラップがついている最後期モデル。

こちらはトイズマッコイが復刻したMA-1の最後期モデルMIL-J-8279E。映画【ハンター】でもマックィーンが着用していたことでも有名です。まさにMA-1の完成形。フリーザ様でいう最終形態。町でよく見かけるMA-1も大半がこれをベースにしているんじゃないでしょうか・・・。そういえば映画【レオン】でもナタリー・ポートマンがMA-1を着てましたがこれだったような気がします。

初期型はすいません、写真がありません(笑)

ですがディティールが満載で後期型とはまた違った武骨な雰囲気があります。興味がある人は自分で画像検索してみましょう(それくらいは自分で調べてみましょう)

ちなみにMA-1は多少の色見の違いはあれど、すべてセージグリーンというグレイがかった緑色にアウターシェルは統一されています。ファッション業界的には様々な色のMA-1があるみたいですが、厳密にいうとMA-1というのは一色しかありません。もちろん紺色のMA-1というのは存在しませんし、カモフラ柄というのもオリジナルでは存在しません(笑)(紺色はB-15C MOD.になります)

あまり詳しく書くと女性に嫌われそうなのでこんな感じにまとめさせていただきましたが、私が言いたいのは・・・

実はMA-1って色んな種類があるんだけど、全部が全部裏オレンジじゃないし、そもそも元ネタではセージグリーン一色しかないんだからねっ!

ってことですかね・・。そしてさらにしつこく書きますが・・・。

トップガンにMA-1は出てこないしあれは海軍のお話しだからねっ!

それではまたっ!

 

 

 

 

 

 

 

【静岡のアメカジショップ BLISSWEAR CLOTHING】
http://www.bliss-wear.com/
アメカジメンテブログ