2022/09/02

LVC リーバイスの1955モデル

皆さん今日は、進藤です。

9月に入りました。まだまだ暑いです(笑)。それでも朝晩の涼しさが秋の訪れを感じさせてくれます。早くもう一枚上に羽織れるぐらいになると嬉しいのですがもう少し先ですかね・・・。

さてさて入荷です。

【LEVI`S】 LEVI`S VINTAGE CLOTHING 1955モデル 501

リーバイスが本気で作る当時の復刻シリーズ。1955年モデルの501です。

ギャラ入りの紙パッチ。1955年よりレザーから紙に変更になります。それまでのレザーパッチは洗濯して乾燥機に入れると取れてしまったり縮んでしまったりしたので変更されました。むかーしの復刻シリーズではこの紙パッチに四角い切り込みが入っていて一目で【レプリカ】と分かるようになっていましたが現在の復刻では抜かりありません。当時のままです。

個人的に言わせてもらえればいわゆるリーバイス501XXの完成形がまさにこの1955年モデル。今に続くジーンズの原型がこの時に完成したように思われます。アメリカ黄金期のジーンズ。

フラッシャー付き。そしてポケットのサイドに付く赤いピスネーム。

もちろんピスネームのロゴも大文字の【LEVI`S】

ポケットのアーキュエイトステッチ。

そのポケットには隠しリベットが装備されています。今のリーバイスには無いティティール。

もちろん耳付です。

生地も縫製も日本国内なのでクオリティコントロールが行き届いてます。

そして当時に倣って糊付きでの販売。今ではワンウォッシュでの販売が当たり前の中、さすがリーバイス。こだわってます(笑)。

私が20くらいの時はレプリカデニムは糊付きでの販売が当たり前でしたが今はまず見当たらないです。

そして洗うと猛烈に縮んで捻じれます(笑)。まぁここらへんはご来店いただければきちんとご説明させていただきます。一度お店で洗って販売しようかな~、とも思いましたがせっかく当時のままの復刻なので一度、糊落としの儀式なども体験していただいた方が面白いし愛着も沸くと思います。

そんな訳でLVC、リーバイス501XXのご紹介でした。

それではまたっ!

 

 

【静岡のアメカジショップ BLISSWEAR CLOTHING】
http://www.bliss-wear.com/
アメカジメンテブログ