2018/03/20

L-2 TEST SAMPLE

皆さんこんにちは、進藤です。

トイズマッコイより入荷です。

【TOYS McCOY】 L-2 TEST SAMPLE

それまでのレザー製、コットン製のフライトジャケットに打って変わり初のナイロン製フライトジャケットの一つとして登場したL-2。1947年に陸軍から独立してU.S.A.F.が設立。そのしばらく後に登場します。その後30年続くL-2シリーズ、いかに完成度が高いかがうかがえます。

知らない人が見たらただのMA-1に見えるかもしれませんが違います!L-2です!さらにそのテストサンプルバージョンです!

ライトゾーンという温度域(10℃~30℃)を想定して制作されているので構成素材も表地、裏地のみでMA-1みたいにウールパイルが内蔵されていないのが特徴です。(MA-1はマイナス10℃から10℃)

実は春先にピッタリのジャケットです。というかインナーで調整できることを考えると春、秋、冬と一番使い勝手のいいジャケットじゃないでしょうか。

ネームはもちろんテストサンプルネーム。古着だとここに使用者の名前が書いてあったりします。正式採用される前にパイロットたちに着用してもらい、どんどん改良が施されて後のL-2になります。

MA-1みたいに後からポケットフラップをつけたりせずに最初からフラップついてます。というか後のL-2Bになると一時期フラップが無くなったりもするのでなんだかんだであった方がいいのかなかった方がいいのかよくわからないディティールです。個人的にはあったほうがモノが落ちなくて便利(笑)。

オキシジェンタブはまだレザー製です。

肩にはエポレットが付きます。

L-2を特徴づけるファスナーエンドに取り付けられたストームフラップ。これも後の時代には無くなってしまいますが面白いディティール。

やや茶色がかったリブ。

オリーブドラブに染め抜かれ、カレンダー加工されたナイロンが鈍く光るのが格好いいです!裏地はコットンナイロンが採用されていてやや光沢があります。正式なL-2になると確かナイロンウールだったと思うのですが、ちょっと自身ありません。今度調べておきます(笑)。

L-2テストサンプル、シルエットは大分洗練された感じですがOD色といい、オキシジェンタブがレザー製だったりとまだクラシカルな佇まいが残った感じが個人的には大好きです。

今回はすでにネットにアップしてあります(笑)。

それではまたっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【静岡のアメカジショップ BLISSWEAR CLOTHING】
http://www.bliss-wear.com/
アメカジメンテブログ